オメガ3っていったい何?

不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸グループに属するオメガ3脂肪酸は、必須脂肪酸のひとつで、人の体内で合成することができないため、食品から摂取する必要のある栄養素のひとつです。

 

オメガ3脂肪酸の効果は幾つもあり、特にEPAと呼ばれるオメガ3は血液の通り道を防ぐ悪玉コレステロールの働きを阻害したり、血液そのものさらさらにしたり、高い抗炎症作用をもっていて、いわば血管のアンチエイジングを行うことで、心臓病やガンの予防に高い効果があります。

 

また、抗炎症作用は体内の炎症に留まらず、肌に起きる炎症、つまり肌荒れやニキビ、赤みといった肌トラブルも未然に防ぐ効能があり、しかも今起きている肌トラブルを改善する効果についても高い期待ができるのです。

 

さらに、オメガ3には女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。女性ホルモンのバランスが整うことで同時に自律神経もまた整い、コラーゲンやヒアルロン酸などといった美肌を保つために欠かせないものの生成が活発化されます。そうなると、それらのアンチエイジング効果が細胞の老化を未然に防ぎ、皮膚に起きるしわやたるみを抑制するのです。

 

また嬉しいことに、オメガ3の血液をさらさらにして血流が促進される作用によって、肌に栄養がたくさん送られるようになることで、くすみの解消も期待できます。代謝のアップ効果もありますから、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが促進されることで、シミ予防にも効果があります。代謝がアップするとまた、脂肪を身体が分解する働きも強まりますので、オメガ3を摂取していると、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動によって脂肪が燃えやすくなり、ダイエットにも有効です。

 

また、オメガ3を継続的に摂取していれば、落ちづらい中性脂肪をも減らす作用が期待できますので、脂肪の蓄積を抑えることに繋がります。これだけに留まらず、人間の脳細胞神経に含まれるDHAという成分は加齢と共に減っていき、物忘れなどの原因になると言われていますが、オメガ3のひとつであるDHAには、その脳の老化を防ぐ作用もあると言われています。

 

一度減ってしまったDHAは二度と回復することはありませんが、オメガ3を継続して摂取すれば、脳の老化が過度に進むことを防ぐことが出来るのです。これはいわば、脳のアンチエイジングというべき効能であり、このように、オメガ3を摂取することで、体内外を問わず健康的な若々しさを保つ作用が期待できるのです。