オメガ3はできてしまったしみ・しわにも効果アリ?

お肌にしみなどの悩みを抱えている人や、ダイエットをしている人の中には、油を摂取するのを差し控えている人も少なくありません。
油は脂肪になり、お肌をてからせたり、肌荒れを招いてしまうという印象があり、油はお肌のトラブルを招き、太らせてしまう存在であると感じている理由からと思われますが、油の種類の中には、実はもっと積極的に摂取した方がいいという種類の油も存在しています。

それが、オメガ3系脂肪酸と呼んでいる種類の油で、良い影響を身体に与える効果があるとされています。


油に含まれている脂肪酸には、不飽和脂肪酸という種類と、飽和脂肪酸という種類があります。
身体に良い影響を与える効果があるとされている不飽和脂肪酸は、幾つかの種類に更に分類されて、代表的なものにオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸に分かれます。


オメガ3系脂肪酸が含まれている油には、炎症の症状を防止する効果などがあり、ホルモンのバランスを調整するのに非常に役に立ちます。このオメガ3系脂肪酸の働きがしみやしわを解消したり、お肌が乾燥するのを防止したり、美しいお肌にしたりすることに繋げることができます。そして、お肌に発生してしまうにきびなどの吹き出物の炎症を抑制する効果が期待できます。

オメガ3系脂肪酸の主要な脂肪酸は、αリノレン酸になります。
αリノレン酸は、身体の中でDHAやEPAに変わり、脳の働きを活性化させたり、アレルギーの症状を緩和したり、中性脂肪を削減したりなどといった、色々な身体に良い効果が期待できます。
代謝を促進させて、脂肪を燃焼させる効果もあります。

αリノレン酸には美容の面でもメリットがあり、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあるためしみを解消したり予防したりする効果が期待できます。

 

また、オメガ3系脂肪酸には、筋肉にハリを持たせる効果もあるのでしわが薄くなる効果も期待できます。
オメガ3系脂肪酸は、冷涼な海水の水域で獲れるイワシや、アジ、サバなどといった青魚や、サーモンなどといった脂がのっている魚にたくさん含有されています。
そして、エゴマ油、亜麻仁油、グリーンナッツオイルなどの食用の油にも、オメガ3系脂肪酸がたくさん含有されています。


効率的にオメガ3系脂肪酸を摂取するのには、サラダなどにエゴマ油や、亜麻仁油、グリーンナッツオイルなどを加熱せずにかけて食べたり、魚中心の食事を食べたりすることが良い方法になります。
そして、オメガ3系脂肪酸は生の状態の魚の方がたくさん摂取できるので、お刺身にして摂ると、もっと効果的になります。