女性ホルモンのバランスを整えてくれるオメガ3

一般的に「油分」というと、身体にあまり良くない、ダイエットの天敵というイメージがありますが、じつは種類によってはむしろ、身体に良い効果をもたらすとされています。油脂には「脂肪酸」が含まれており、これは「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに分けることができます。飽和脂肪酸を多く含む食品として、豚肉や牛肉の脂身や、バター、マーガリンなどがあり、常温で固形状であるものが多い傾向です。不飽和脂肪酸を多く含むのは、オリーブオイルや亜麻仁油、イワシやサンマ等だとされています。

体に良いとされているのは不飽和脂肪酸であり、これはさらに 一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸という2つの種類に分けることができます。この内、 多価不飽和脂肪酸に含まれるのがオメガ3であり、アルファ・リノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などの種類があります。

オメガ3が注目を集めるようになったのは、中性脂肪を下げ、高血圧を予防するなどの効果があると知られるようになったのがきっかけです。現代人の食生活は欧米化しており、メタボリックシンドロームが話題となるなど、中性脂肪の増加によって健康を損ねる人が増えています。そんな中、オメガ3の持つ様々な効能が注目され、ダイエットや成人病予防に効果的として、人気を集めるようになったのです。

また、最近ではオメガ3に、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があるとして、話題になっています。女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や生理痛、自律神経失調症、更年期障害など様々なトラブルが起きやすくなります。また、皮脂分泌が過剰になり、ニキビや肌荒れなどを引き起こす原因にもなります。これらの症状を改善するためには、女性ホルモンのバランスを正常に整えることがとても大切だといえるのです。

オメガ3を摂取することで、女性ホルモンのバランスが整えば、生理不順や、肌荒れ、冷え性など様々な症状の改善が期待できるでしょう。また、オメガ3には抗酸化作用もあるといわれており、お肌のくすみを予防したり、アンチエイジング効果も期待できるのです。
オメガ3は、マグロやブリ、サバ、サンマなどの青魚に豊富に含まれていますが、これらの食品を毎日摂取するのは難しいと感じる方も多いでしょう。そんな場合には、手軽に飲むことができるサプリメントなどを利用して、オメガ3を体に取り入れていくのが、効果的だといえそうです。